脂漏性皮膚炎 シャンプー

フケのような白いものが出て、さらにべたついたり、
かさついたり、症状はさまざまで、痒みがある場合も、
ない場合もありますが、脂漏性皮膚炎にである可能性があります。

 

従来は、ホルモンバランスの乱れであったり、
ビタミンB不足、また洗顔や洗髪によるもの(洗いすぎ、洗い残し)などが
原因であると言われていました。もちろんそういったことも要因の1つなのですが、
より直接的な原因として、カビ(真菌)であることがわかってきています。

 

皮膚科などを受診して、検査をすると直ぐにわかりますし、
対応できる薬も処方してもらうことができ、治療していくこともできます。

 

しかし、頭皮の状態が良好でないと、また同じことが起きてしまう場合もあります。
やはり毎日のヘアケアにおいて、どういったシャンプーを
使うかということもこだわって選んでみましょう。
まず第一に気を付けたいのが、石油系のシャンプーです。

 

洗浄力があるので、すっきりとした感じはあるかもしれませんが、
逆に強すぎてしまったり、お肌への影響、また環境の問題からしてもあまり好ましくありません。
お値段は安いので、つかいやすいのですが、頭皮のことを考えたら、
やはりおすすめはアミノ酸系のものです。

 

アミノ酸系のシャンプーは、お肌に優しいですし髪の毛にもやさしく、
ダメージを受けにくいです。

 

また、髪の毛はタンパク質ですので、アミノ酸が浸透して、
髪の毛にも頭皮にも栄養がいきわたるというメリットもあります。

 

洗い上がりも優しいですし、きしんだりもしにくく、
継続して使っていくことで頭皮も髪の毛の状態も
良好になっていくということが期待できます。

 

いま注目されているノンシリコンシャンプーというのもありますが、
こちらも石油系の洗浄成分を使っていなかったり、
質の悪いシリコンが入っていないことで、
毛穴を埋めたり老廃物として残りにくいというメリットもありますので、
軽やかな仕上がりになり、髪の毛や頭皮にもよいと言われています。