抜け毛 男性 シリコン ノンシリコン

結局、抜け毛にはどっちがいいの?

 

 

ここ最近、シリコン入りのシャンプー、
ノンシリコンシャンプーというシリコンがまったく入っていないシャンプー
というのが、良く宣伝されるようになってきました。

 

多いのがシリコン入りが悪、ノンシリコンの方が良いという宣伝も良く見かけます。

 

本当のところ、どのような違いがあって、
どのように頭皮、髪に影響をあたえるのか見てみましょう。

 

ほとんどシャンプーはシリコン入りだった

 

 

 

ノンシリコンシャンプーという言葉が出る前、
ほとんどのシャンプーはシリコン入りでした。

 

シリコンを配合する理由は、指通りをよくするためです。

 

シリコン入りシャンプーを使い慣れている人は、
このシリコンが入っていないと、指をとおすとききしむように感じるでしょう。

 

シリコン入りは髪が重いと感じる、
べたっとしやすいという使用感があります。

 

ノンシリコンシャンプーとは

 

シリコンが配合されていないシャンプーです。

 

ノンシリコンシャンプーの宣伝に使われているのが、
シリコンは毛穴を詰まらせる、毛髪をコーティングしてしまい、
有効成分が入りにくくなる
というような表現を使っています。

 

実際のところはある研究では
シリコンは液体なので、毛穴につまらないということがわかってきています。

 

しかし髪の毛をコーティングはされているというのは
事実です。

 

髪はシリコンでコーティングされるとまとまりやすくなります。
つまり髪をふわっとさせたい方には向いていません。

 

髪の毛が細い、薄い、のでボリュームをアップさせたいのであれば、
シリコン入りではぺたっとしてしまうので、
ノンシリコンシャンプーのほうが適ししています。

 

⇒男性の抜け毛の悩みに ノンシリコンシャンプーランキング