男にコンディショナー 必要

家族が使っているから、習慣でコンディショナーを使っていたり、
結婚しているかたは、奥様といっしょのコンディショナーを使うのが日課になっていませんか?

 

そして、そのコンディショナーには、【髪をさらさらに】
【○○オイル配合!】【驚きの指通り】というようなことが書いてありますよね。

 

ふと思うのが、果たしてこのコンディショナーを
つけることが男性には必要なのだろうか?ということ。

 

まさか男性が毎日使うようなものではないのでは?と
感じてしまいます。

 

結論からいうと、
ロングヘアで髪を染めているというわけでなければ、
コンディショナーを毎日使う必要がありません。

 

また抜け毛予防や薄毛対策をしているというかたは、
むしろコンディショナーを使わない方が効率が良いとも言えます。

 

なぜならそもそもコンディショナーの役割というのは、
指通りをよくするために
髪をコーティングするというものがメインです。

 

というのも多くの女性が
ブラッシングをするとき、ヘアスタイルをセットするときに、
指にからまってしまったり、ブラッシングがやりづらいということに
ストレスを感じるからです。

 

コンディショナーにはシリコンという髪をコーティングする成分、
もしくは保湿剤、天然油など髪の指通りを良くする成分がこれでもかと
いうほど入っているのです。

 

ここであなたも確信をしたと思いますが、
ほとんどの男性が短髪ですし、
指に髪がからむということにストレスを感じている人はほとんどいないのではないのかと思います。

 

つまり短髪の男性にはコンディショナーは必要ではないのです。
きしみがきになるという方は、
2、3日に1回程度でも十分でしょう。

 

また薄毛対策をしたいという方には、
もっとコンディショナーをするということがかえってデメリットになってしまうこともあります。

 

それはさきほどのコンディショナーに配合されているような
シリコンなどが頭皮についてしまい
コーティングされてしまったり、
すすぎが不十分ですと頭皮に残ってしまい、
せっかくの育毛剤やトニックというものも頭皮にしみこんでいきづらくなってしまうからです。

 

またコンディショナーにも添加物が沢山配合されていないので、
それにより頭皮がべたついたり、かゆみが出ているということに気付いてない方もいるようです。

 

さて、男性には、コンディショナーが必要ではないということが分かってきました。
では男性はシャンプ―だけでいいのでしょうか?

 

はい、というかむしろそのシャンプーは直接頭皮に作用するものであるから、
シャンプーにだけこだわってみるというのも薄毛対策をするには有効です。

 

間違ったシャンプーを使ってしまっても、
さきほどのように頭皮環境の悪化をまねき、
かゆみ、乾燥、フケ、ニオイ、べたつきなどが発生してしまうのです。

 

そのような異常な状態の頭皮から健康的な髪が生え続けてくるわけはありませんよね。
良く頭皮は畑や田んぼにたとえられるように、
質の良い土壌から出ないと健康的な作物は生えてきません。

 

つや、コシのある髪、髪の量は
バランスの良い頭皮環境があってこそです。

 

そのような頭皮環境を目指すには、
できるだけ頭皮に刺激、ダメージを与える添加物が少ないということ、
ダイレクトに栄養を与えてくれる有効成分がカギになってくるのです。

 

>>そんなあなたにはmonovoヘアトニックシャンプーが最適