髪 食べ物

自分の親、上司を見ていると、
ツルツルとした頭に目が行ってしまいますよね。

 

あなたはそのような頭になりたくないですよね。
そうであれば、日頃から髪に効くと言われている食材を
とりながら、早めの予防をしてみてはいかがでしょうか?

 

髪もあなたが毎日食べる食材の栄養によって、
生えてきます。だから意外と栄養面は髪に直結するもの。

 

今回は髪の栄養になる食材、
血行よくする食材を9つまとめてみました。

 

参考にしてみてください。

 

@まずは卵をはじめとしたたんぱく質

 

そもそも髪はたんぱく質で構成されていますので、
とても重要な栄養素です。

 

他にも肉類、魚類、豆類、乳製品などにも
良質なたんぱく質が含まれています。

 

A牡蠣や豚レバーなどの亜鉛を含む食材。

 

亜鉛は牡蠣を始めとして、海産物にも
豚レバー、他にはナッツ類にも含まれています。

 

亜鉛はたんぱく質を髪を構成していくのに必要な成分なのです。
だからたんぱく質のみだけではだめなのです。

 

この亜鉛をとることで、髪を作るパワーが加速します、
髪が早くのびるようになるとも言われています。

 

 

Bイチゴやみかん、キウイなどのクエン酸、ビタミンCを含む食材

 

さきほど出ました亜鉛の吸収をクエン酸やビタミンCは
高めてくれるのでいっしょに摂取していきましょう。

 

C豆腐や納豆を始めとした大豆加工品、肉類、乳製品、
エビ、カニ、ごまなど。

 

これらには成長ホルモンをたくさん出してくれるアルギニンが含まれています。
この成長ホルモンは私たちが夜寝ている間に分泌されるものです。

 

この成長ホルモンの指令で髪が伸びていくので、
これらにも意識したいですよね。

 

D鶏レバー、豚レバー、胸肉、さけ、さんまに含まれる
パントテン酸。

 

パントテン酸という栄養素にあまりなじみがないかもしれませんが、
ビタミンBの仲間です。
このパントテン酸は髪の質を向上してくれます。

 

髪のコシ、ハリ、ツヤを目指せます。

 

Eカプサイシンを含んでいる唐辛子

 

唐辛子に含まれているカプサイシンの発毛実験が
ドイツで行われたのですが、発毛が促されたという結果が出ているようです。

 

ただし唐辛子を食べるだけではもちろん十分ではありません。
今まで紹介した食材に少しアクセントとして加えてみてください。

 

またその辛みによって、汗をかいたりするので発汗し
血行がよくなります。

 

血行が良くなれば、髪にも栄養が届いていきやすいという
ことにもつながります。

 

ただし辛い物の食べ過ぎは
胃腸の負担になってしまうのでほどほどに。

 

F黒ゴマ
さきほどアルギニンの項目でも出ましたが、黒ゴマも
重要な成分なので、あえて一つの項目を作りました。

 

黒ゴマはミネラル豊富で、良質のたんぱく質も入っています。

 

また白髪予防になるとも言われていますので、
黒髪もできるだけ維持したいという方は、
黒ゴマを食卓に常備しておいてもよいでしょう。

 

おまけ【G】髪に良い食材、
髪を多くする食材として、まっさきに思いつくのが、
わかめだと思います。

 

今回はあえて、食材7選では外しておきました。
なぜなら、わかめが髪に効果があるということは、
化学的根拠がまったくないからです。

 

これは個人的な意見になってしまいますが、
わかめにはミネラルやビタミンが豊富なので、
日常的に摂取すれば、栄養バランス的にも良くなるから、
髪にも効く?というような見解が広がっているのではないかなと思います。

 

なので、もちろん、ビタミンミネラル補給として、
わかめなどの海藻類を日常的に摂取もとても好ましい食材です。

 

以上が髪を健康的に維持する、髪が生えるのをサポートしてくれる
食材たちでした。
これらの食材を意識しながら、偏ることなく
栄養を摂取していきましょう。