ふけ 洗い方

その洗い方、今すぐ辞めたほうがいい?

少し髪をかきあげただけで、
ふけが目の前をぱらぱらと落ちていく、
気づくと肩には雪のようにフケが溜まっていた
なんて経験ありませんか?

 

 

 

そのフケは頭皮環境が良くない状態にあり、
極度の乾燥などにより
大量にフケが出てしまっている状況です。

 

フケの多くの原因はシャンプーでの間違った洗い方です。

 

正しい洗い方をチェックして、
フケを治しましょう。

 

まずはブラッシング

 

 

男性は仕事に行く前は身だしなみとして、
ブラッシングをしたり、整髪料をつけて、
スタイリングを決めると思います。

 

 

 

しかしシャンプーの前にブラッシングをしているという人は
とても少ないのではないでしょうか?

 

実は女性の間ではシャンプーをする前に
ブラッシングすることは常識になりつつあります。

 

なぜシャンプー前のブラッシングが良いのかというと、
ホコリや、髪の絡まりをとることができるからです。

 

ホコリは濡れてしまうと、なかなかきれいに落とすことが出来ません。

 

髪が絡まったまま水にぬれてしまうと、
余計にからまりやすくなり、
無理やりにからまりをとろうとすると
髪がきれてしまったり、頭皮に負担がかかってしまうのです。

 

なのでブラッシングを先にしましょう

 

次に余洗いです。

 

シャンプーをするときに、
シャワーでさっと髪を濡らして、すぐにシャンプーをつけていませんか?

 

 

 

すぐにシャンプーをつけづに
お湯で最初に汚れを落としてあげることです。

 

お湯でしっかり汚れを落としてあげましょう。
実はお湯で余洗いすることで、6割から7割の汚れを
落とすコトができます。

 

爪を立てない

 

これはよく聞いたことがあると思います。

 

爪をたててがりがりと洗ってしまうと、
頭皮が傷ついてしまいます。

 

毎晩頭皮が傷ついてしまえば、
頭皮もかわいそうです。

 

 

髪を洗った後は

 

しっかりとドライヤーで乾かしてあげましょう。

 

自然乾燥をしていると、
頭皮にカビや菌が繁殖してしまい
かえってまたフケの原因になってしまうのです。

 

以上の4つがフケを防ぐ髪の洗い方とアフターケアです。

 

これを試してもなお、フケが続くようでしたら、
シャンプーを変えてみましょう。